JAXAニュース ~株式会社ALE、宇宙デブリの拡散防止に貢献する装置の開発に着手~

SpaceBiz > JAXAニュース > JAXAニュース ~株式会社ALE、宇宙デブリの拡散防止に貢献する装置の開発に着手~

Pocket

JAXAニュース ~株式会社ALE、宇宙デブリの拡散防止に貢献する装置の開発に着手~

世界初の人工衛星による人工流れ星の実現を目指す民間宇宙ベンチャー、株式会社ALE(以下、ALE)は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)の共創型研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(以下、J-SPARC)」の枠組みのもと、宇宙デブリの拡散防止を通じて持続可能な宇宙開発に貢献する装置を開発し、その装置を活用する事業に向けたコンセプト共創活動を開始。

昨今の活発な宇宙開発により宇宙空間での飛行物体が増えると、近い将来これらの物体同士が衝突することで宇宙デブリが自己増殖する事象が起こり得ると言われています。この度、ALEはJAXAとパートナーシップを結び、小型衛星PMD(運用終了後の軌道離脱)を目的とした導電性テザー(Electro Dynamic Tether以下、EDT)を用いた装置の開発に着手しました。併せて、当該装置による新規事業の創出に向けた活動を行います。

ALEは本装置の開発にあたり、EDTに関して豊富な研究開発実績を有するJAXAとのパートナーシップにより、開発のスピードを上げると共に、事業の早期実現が可能になると期待しております。本装置を人工衛星に搭載することで、ミッション終了後に軌道を降下させ、人工衛星を地球大気に突入させることが可能です。その際、軌道降下に地球磁場を利用するため、例え衛星本体の電源系統が故障していても受動的な軌道降下が可能であり、衛星本体のデブリ化を防止出来ます。

これから打ち上げられる小型人工衛星に予め本装置を搭載することで、宇宙空間に残存する運用終了後の衛星ないし故障した衛星の数を減らすことが出来ます。またALEは、EDTの知見を有する神奈川工科大学との産学連携によって、軌道上におけるEDT展開時および軌道降下中における長尺物体の力学的挙動解析を共同研究します。

関連記事

SpaceBizとは

地球の進化のために、地球上にある宇宙ビジネスの有益な情報と知識を適時提供し、起業家の支援・育成を使命とします。

ニュース&イベント

  • ニュース

    宇宙ビジネス関連の最新ニュースを発信中!

  • イベント

    宇宙ビジネス関連の最新イベント情報を発信中!

人気の記事

新着記事