【宇宙ビジネス超入門】2022年7月の動向

Space Biz > Space Biz TV > 【宇宙ビジネス超入門】2022年7月の動向

Pocket

2022.8.17Space Biz TV

【宇宙ビジネス超入門】2022年7月の動向

はい、皆さん、こんにちは。Space Biz編集長の太田です。

お元気でしたか。

本日は、宇宙ビジネス超入門者向けに、宇宙ビジネス業界で2022年7月に起こった私の気になるトピックニュースを3つご紹介します

 

日本の民間初、ispaceが月着陸船を2022年11月に打ち上げ


©ispace

7月20日に株式会社ispaceは民間月面探査プログラムHAKUTO-Rのミッション1である月着陸船(ランダー)を、早ければ今年11月にも打ち上げると発表しました。

月着陸船が月に到達出来れば、日本の民間企業としては初めてとなります。

ミッション2の方は、2024年にペイロードとして小型月面探査車(マイクロローバー)を月に輸送する予定となっています。

将来的には複数の小型月面探査車を月面に輸送して探査やデータの収集を行うことを想定しているようです。そろそろ、月ビジネスが現実的になってきそうですね。

中国独自の宇宙ステーション、実験施設のドッキングに成功

7月25日に中国政府は建設中の宇宙ステーション『天宮』の実験施設である『門天』を、昨年4月に打ち上げていた中核施設『天和』とのドッキングに成功したと発表しました。

宇宙ステーション『天宮』は、中核施設『天和』と2つの実験施設から構成されるT字型となっています。

今回のドッキングに成功した『門天』とは別の実験施設である『夢天』の方は、今年10月に打ち上げ、中核施設『天和』にドッキングする計画です。

今年中に完成させて、今年後半にある5年に1回の共産党大会での国威発揚に繋げていきたいんだと思いますね。

ロシア、2024年以降に国際宇宙ステーションから撤退を表明

7月26日にロシア国営ロスコスモス社のボリソフ新社長は、2024年以降に国際宇宙ステーション(以下、ISS)計画から撤退することをプーチン大統領に報告しました。プーチン大統領も了承したようです。

ただ、早くても2028年以降となるロシア独自の宇宙ステーションを開発するまでは、ISS計画から撤退することはないようです。

運用期限が2024年のISSですが、中国に続きロシアも独自の宇宙ステーション建設に向かいます。

ウクライナ情勢を考えても技術面だけでなく、財政面の取り組みこそ必要不可欠に感じますね。

まとめ

まとめとして、7月の動向は、
 
民間企業の月ビジネスが現実化
中国独自の宇宙ステーション完成間近
ロシアがISS計画から撤退を表明

 
といったところでしょうか。

リンク

Space Biz TV(YouTubeチャンネル)
https://www.youtube.com/c/SpaceBiz/featured

関連記事

ニュース&イベント

  • ニュース

    宇宙ビジネス関連の最新ニュースを発信中!

  • イベント

    宇宙ビジネス関連の最新イベント情報を発信中!

youtube

チャンネル登録はこちらから

新着記事