【宇宙ビジネス編集長の2022年時事ネタ放談㊳】NASA、ウェッブ宇宙望遠鏡のフルカラー画像を初公開?!

Space Biz > Space Biz TV > 【宇宙ビジネス編集長の2022年時事ネタ放談㊳】NASA、ウェッブ宇宙望遠鏡のフルカラー画像を初公開?!

Pocket

2022.8.2Space Biz TV

【宇宙ビジネス編集長の2022年時事ネタ放談㊳】NASA、ウェッブ宇宙望遠鏡のフルカラー画像を初公開?!

はい、皆さん、こんにちは。Space Biz編集長の太田です。いかがお過ごしでしょうか。

編集長の時事ネタ放談は、私の気になる時事ネタを独り言のようにつぶやくコーナーです。

今回の時事ネタは「NASA、ウェッブ宇宙望遠鏡のフルカラー画像を初公開?!」です。

ウェッブ宇宙望遠鏡のフルカラー画像を初公開

7月中旬に米航空宇宙局(NASA)は、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が初めて撮影したフルカラー画像5枚を公開しました。折角なので一つ一つ紹介していきましょうかね。


©NASA, ESA, CSA, and STScI

まず一つ目の画像(『SMACS 0723』)はこちらです。画像に写っているのは約46億光年先にある銀河団なので、何とも不思議ですが、約46億年前の姿ということになります。これまで撮影された最も遠い宇宙の赤外線画像になります。


©NASA, ESA, CSA, and STScI

二つ目の画像(『WASP-96 b』)はこちらです。惑星の大気の観測データも公開されていて、地球から約1150光年離れた天の川銀河の中にある惑星になります。


©NASA, ESA, CSA, and STScI

三つ目の画像(『南のリング星雲』)はこちらです。8の字星雲とも呼ばれ、地球から約2500光年離れています。寿命を終えて死にいく恒星が、ガスやちりに囲まれていますね。


©NASA, ESA, CSA, and STScI

四つ目の画像(『ステファンの五つ子銀河』)はこちらです。地球から約2億9000万光年離れていて、5つの銀河がお互いの重力によって、接近を繰り返しています。


NASA, ESA, CSA, and STScI

最後の五つ目の画像(『カリーナ星雲』)はこちらです。宇宙の崖とも呼ばれていますが、山や谷,山脈のように見えますよね。地球から約7600光年離れています。

 

先代のハッブル宇宙望遠鏡は地球の約600km上空を周回していましたけど、ウェッブ宇宙望遠鏡の方は地球から約150万km離れた軌道で観測しているので、比較すると観測能力が100倍程高いようです。

開発費用総額100億ドルにもかかわらず、運用期間は燃料がなくなるまでの5年から10年程度と言われていましたが、NASAの幹部によれば20年稼働出来るだけの燃料は確保しているとのことです。

ちなみに、主な目的はファーストスターや宇宙の成り立ちなどを調べることになります。

関連記事

新着記事

SpaceBizとは

新たな宇宙文化を創り地球の宇宙時代到来を伝える。

ニュース&イベント

  • ニュース

    宇宙ビジネス関連の最新ニュースを発信中!

  • イベント

    宇宙ビジネス関連の最新イベント情報を発信中!

youtube

チャンネル登録はこちらから

Twitter

Facebook