【宇宙ビジネス超入門】2022年4月の動向

Space Biz > Space Biz TV > 【宇宙ビジネス超入門】2022年4月の動向

Pocket

2022.5.10Space Biz TV

【宇宙ビジネス超入門】2022年4月の動向

はい、皆さん、こんにちは。Space Biz編集長の太田です。

お元気でしたか。

本日は、宇宙ビジネス超入門者向けに、宇宙ビジネス業界で2022年4月に起こった私の気になるトピックニュースを3つご紹介します

 

Amazon、衛星インターネット事業でロケット企業3社と契約


©Amazon

4月上旬にAmazon.comは、衛星インターネット事業であるProject Kuiperで、ロケット企業のBlue Origin,Arianespace,United Launch Alliance3社と契約したと発表しました。

今後10年間で最大3236基の小型人工衛星を低軌道に打ち上げる計画なんですけど、今回の契約で約5年をかけて最大83回のロケット打ち上げを実施するとのことです。

Project Kuiperに100億ドル以上投資していく計画なので、既に先行しているSpace XのStarlinkやOneWebと、今後どのようなサービス競争が繰り広げられるのかは興味深いですね。

 

中国独自の宇宙ステーション、今年10月の打ち上げで完成

4月中旬に中国政府は建設中の宇宙ステーション『天宮』の実験施設『問天』と『夢天』を今年7月と10月に打ち上げ、昨年4月に打ち上げていた中核施設『天和』とドッキングし、計画通り年内に完成させると発表しました。

習近平国家主席も、先日、海南省の文昌宇宙発射場を視察した際、年内に完成することを述べています。

今年後半に5年に1回の共産党大会もありますので、国威発揚に繋げたいんだと思います。

今のところ、ISSは2024年に運用期限を迎えますが、しばらく中国が宇宙ステーションを独占することもあり得ますね。

 

民間人だけの宇宙旅行、ISSの往復と滞在に初めて成功


©Axiom Space

4月下旬にAxiom Spaceが企画した民間人だけの宇宙旅行、ISSの往復と滞在に初めて成功しました。

JAXAやNASAなど国の宇宙機関に所属していない民間人だけで、ISSに滞在するのは初めてだったんですよね。

宇宙旅行といっても、観光だけが目的ではなく、心臓の幹細胞や老化の研究などの実験も行っているんです。

NASAがISSの商業利用の制限を緩和したのが大きく、今回のミッションはNASA 、Axiom Space、Space Xの共同プロジェクトになります。

来年、2回目の宇宙旅行を計画しているので、宇宙旅行の商用化がまた一歩前進です。

 

まとめ

まとめとして、4月の動向は

衛星インターネットの本格化
中国独自の宇宙ステーション年内完成
宇宙旅行の商用化前進

といったところでしょうか。

ご清聴ありがとうございました。チャンネル登録お願いします。

リンク

Space Biz TV(YouTubeチャンネル)
https://www.youtube.com/c/SpaceBiz/featured

関連記事

ニュース&イベント

  • ニュース

    宇宙ビジネス関連の最新ニュースを発信中!

  • イベント

    宇宙ビジネス関連の最新イベント情報を発信中!

youtube

チャンネル登録はこちらから

新着記事