【宇宙ビジネス超入門~2022年号外ニュース⑧~】ロシア国営ロスコスモス、OneWebの人工衛星打ち上げを拒否!

Space Biz > Space Biz TV > 【宇宙ビジネス超入門~2022年号外ニュース⑧~】ロシア国営ロスコスモス、OneWebの人工衛星打ち上げを拒否!

Pocket

2022.3.15Space Biz TV

【宇宙ビジネス超入門~2022年号外ニュース⑧~】ロシア国営ロスコスモス、OneWebの人工衛星打ち上げを拒否!

はい、皆さん、こんにちは。Space Biz編集長の太田です。いかがお過ごしでしょうか。宇宙ビジネス超入門者向けに、世界や日本で起こった宇宙ビジネスのトピックニュースを1つご紹介します。

号外ニュースになるんですけど、本日は「ロシア国営ロスコスモス、OneWebの人工衛星打ち上げを拒否!」です。

ロシア国営ロスコスモス、OneWebの人工衛星打ち上げを拒否!

3月上旬にロシア国営ロスコスモス社は、英国政府が大株主であるOneWeb社の人工衛星打ち上げを事実上拒否する姿勢を示しました。OneWeb社はロシアのソユーズロケットで、小型人工衛星36基をカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げる予定だったんです。

ロスコスモス社のドミトリー・ロゴジン社長はOneWeb社に対して、人工衛星が軍事目的に利用されないことや大株主の英国政府が株を手放さない限り、人工衛星の打ち上げを行わないとTwitterに投稿していたんですよね。

ロゴジン氏の発言の前には、SpaceX社の創業者イーロン・マスク氏が同社の衛星インターネットサービスStarlinkをウクライナで利用出来るようにし、必要な通信機器も同国に輸送中であることを明らかにしていたんです。

こうしたことから、ウクライナ情勢が宇宙ビジネスの発展にも悪影響を与えているのが分かりますね。

残念ながら、それだけではなく、南米のギアナ宇宙センターではロシアの技術者が皆帰国してしまったり、欧州宇宙機関(ESA)との火星探査計画も延期する可能性が高くなったようです。

また、ロゴジン氏は国際宇宙ステーション(ISS)の方でも、ロシアと協力関係を閉ざせば、制御不能となり軌道を外れるだろうなどとTwitterに投稿しています。

宇宙ビジネスの技術は軍事と密接にかかわっていますけど、覇権争いではなく、建設的な未来のために活用して欲しいですね。

科学技術も、ビジネスも、何のためにという目的が、やはり重要ということになりますかね。

ご清聴ありがとうございました。チャンネル登録お願いします。

 

■Space Biz TV(YouTubeチャンネル)
https://www.youtube.com/c/SpaceBiz/featured

関連記事

新着記事

SpaceBizとは

新たな宇宙文化を創り地球の宇宙時代到来を伝える。

ニュース&イベント

  • ニュース

    宇宙ビジネス関連の最新ニュースを発信中!

  • イベント

    宇宙ビジネス関連の最新イベント情報を発信中!

youtube

チャンネル登録はこちらから

Twitter

Facebook