【宇宙ビジネス編集長の2021年時事ネタ放談51】ispace、シリーズC投資ラウンドで約50.7億円の資金調達?!

Space Biz > Space Biz TV > 【宇宙ビジネス編集長の2021年時事ネタ放談51】ispace、シリーズC投資ラウンドで約50.7億円の資金調達?!

Pocket

2021.8.19Space Biz TV

【宇宙ビジネス編集長の2021年時事ネタ放談51】ispace、シリーズC投資ラウンドで約50.7億円の資金調達?!

はい、皆さん、こんにちは。Space Biz編集長の太田です。いかがお過ごしでしょうか。

編集長の時事ネタ放談は、私の気になる時事ネタを独り言のようにつぶやくコーナーです。

今回の時事ネタは「ispace、シリーズC投資ラウンドで約50.7億円の資金調達?!」です。

ispace 約50.7億円の資金調達


©ispace

8月上旬に株式会社ispace(以下、ispace)は、インキュベイトファンドをリード・インベスターとし、全7者を引受先とする第三者割当増資により、シリーズC投資ラウンドにおいて
約50.7億円の資金調達に関する契約を締結したと発表しました。

今回の調達により、既存借入を含めた総調達額は約213億円になります。参考までに、シリーズC投資家(敬称略)はこちらです。


©ispace

ispaceの動向

先月、2022年後半に予定されている最初の月面ミッションに向けて、ispaceはドイツのランポルツハウゼンのアリアングループの施設において、ランダー(月着陸船)のフライトモデル組み立てを開始したことを発表したばかりです。

これと並行して高頻度月面輸送サービスを確立すべく、後続ミッションにおけるランダー(月着陸船)開発に本格的に着手するんですね。

シリーズCラウンドにおける資金は、2023年に打ち上げが計画されているispaceのミッション2、ならびに2024年に打ち上げが計画されているミッション3用のランダーをサイズアップするために充てられる予定です。

サイズアップすると、多くのペイロードが搭載出来るのでサービスアップにも繋がりますね。

まとめ

このミッション3用のランダーは目下米国において開発されています。地球と月が一つのエコシステムになる世界をつくる、というビジョンに共感する方は益々増えそうですね。

ご清聴ありがとうございました。チャンネル登録お願いします。

 

■Space Biz TV(YouTubeチャンネル)
https://www.youtube.com/c/SpaceBiz/featured

関連記事

新着記事

SpaceBizとは

新たな宇宙文化を創り地球の宇宙時代到来を伝える。

ニュース&イベント

  • ニュース

    宇宙ビジネス関連の最新ニュースを発信中!

  • イベント

    宇宙ビジネス関連の最新イベント情報を発信中!

youtube

チャンネル登録はこちらから

Twitter

Facebook