【宇宙ビジネス編集長の2021年時事ネタ放談㉝】米国、ロシアに2030年までISSの運用延長を提案?!

Space Biz > Space Biz TV > 【宇宙ビジネス編集長の2021年時事ネタ放談㉝】米国、ロシアに2030年までISSの運用延長を提案?!

Pocket

2021.6.17Space Biz TV

【宇宙ビジネス編集長の2021年時事ネタ放談㉝】米国、ロシアに2030年までISSの運用延長を提案?!

はい、皆さん、こんにちは。Space Biz編集長の太田です。いかがお過ごしでしょうか。

編集長の時事ネタ放談は、私の気になる時事ネタを独り言のようにつぶやくコーナーです。

今回の時事ネタは「米国、ロシアに2030年までISSの運用延長を提案?!」です。

米国、ロシアにISSの運用延長を提案

6月上旬に米国航空宇宙局(NASA)のネルソン長官とロシア国営ロスコスモス社のロゴジン社長は、国際宇宙ステーション(以下、ISS)の運用延長について電話会談しました。

その際、ロシア側の発表によると、米国側からISSの2030年までの運用延長の提案があったようです。ロシアの国防や宇宙産業を担当するボリソフ副首相は、2025年以降、ISSから撤退する意向を示していましたが、ロゴジン社長はネルソン長官の提案を支持しました。

政治的駆け引き

これは、政治的な駆け引きですよね。今年3月にはロシアと中国が月探査などを行う、国際月科学研究基地建設の政府間合意を発表しておりますし、来年には中国が独自で宇宙ステーション天宮を完成させる予定なので、米国はロシアとの協力関係を強化したいのでしょうね。

ちなみに、ISS運用について、米国議会上院では2030年までの延長、下院では2028年まで延長することを含めた法案が提出され、審議されています。

日本の宇宙基本計画においては、各国の検討状況も注視しつつ、具体的に検討を進めるとの方針を定めているんです。

まとめ

米国と中国との宇宙覇権争いは、どうも、ロシアが鍵になりそうな気もするので、米国から早期の制裁解除が必要かもしれませんね。

ご清聴ありがとうございました。チャンネル登録お願いします。

 

■Space Biz TV(YouTubeチャンネル)
https://www.youtube.com/c/SpaceBiz/featured

関連記事

新着記事

SpaceBizとは

新たな宇宙文化を創り地球の宇宙時代到来を伝える。

ニュース&イベント

  • ニュース

    宇宙ビジネス関連の最新ニュースを発信中!

  • イベント

    宇宙ビジネス関連の最新イベント情報を発信中!

youtube

チャンネル登録はこちらから

Twitter

Facebook