JAXAニュース ~革新的衛星技術実証1号機~

Space Biz > JAXAニュース > JAXAニュース ~革新的衛星技術実証1号機~

JAXAニュース

Pocket

JAXAニュース ~革新的衛星技術実証1号機~

2019年1月17日打上げ予定の革新的衛星技術実証1号機 小型実証衛星1号機(RAPIS-1)及びRAPIS-1に搭載する7つの実証テーマ(部品・コンポーネント)に関する記者説明会が2018年12月18日に開催されました。
 
革新的衛星技術実証1号機は、JAXAが民間企業や大学などが開発した機器や部品、超小型衛星、キューブサットに宇宙実証の機会を提供する「革新的衛星技術実証プログラム」の1号機です。7つの機器・部品の実証テーマを搭載した小型実証衛星1号機(RAPIS-1)と超小型衛星3機、キューブサット3機の計7機の衛星で構成されています。
 
「革新的衛星技術実証プログラム」は、機器や部品単位で軌道上実証できる機会としては唯一のプログラムです。2年に1回、計4回の打上げ実証を計画しており、実証テーマは通年公募を行っています。JAXAは、このプログラムを通じて以下の実現を目指しています。
 
・国や産業界の課題に対応しつつ、将来を先読みして、新たな利用を拓くミッションや産業競争力のあるシステムやサブシステムの創出に繋がる技術やアイデアの実証を行う。
・リスクは高いが、日本の宇宙技術の発展と宇宙産業の国際競争力の確保に高い成果が期待される革新的な技術を優先的に取り上げ、実証を行う。
 
記者説明会の後に、Microsoft HoloLensを利用して、RAPIS-1搭載の実証テーマをMR(Mixed Reality)で紹介されました。

関連記事

SpaceBizとは

新たな宇宙文化を創り地球の宇宙時代到来を伝える。

ニュース&イベント

youtube

チャンネル登録はこちらから

Twitter

Facebook

新着記事