【宇宙ビジネス~2021年JAXAニュース①~】JAXA、茨城県、森林総合研究所の三者協定締結!

Space Biz > JAXAニュース > 【宇宙ビジネス~2021年JAXAニュース①~】JAXA、茨城県、森林総合研究所の三者協定締結!

Pocket

【宇宙ビジネス~2021年JAXAニュース①~】JAXA、茨城県、森林総合研究所の三者協定締結!

はい、皆さん、こんにちは。Space Biz編集長の太田です。いかがお過ごしでしたか。

本日は、宇宙ビジネス超入門者向けに、JAXAニュースになるんですけど、「JAXA、茨城県、森林総合研究所の三者協定締結」をご紹介します。

衛星データと森林管理業務

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)、茨城県および国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所(以下、FFPRI)は、2021年1月下旬に、森林管理業務への衛星データの利用を目指し相互に連帯協力するための三者協定を締結しました。

森林が持つ国土保全や水源のかん養などの様々な機能を持続的に発揮させるためには、森林資源量を把握して計画的に森林を整備する必要があるんですね。

森林管理のクラウド化

近年、茨城県をはじめとした自治体において、森林を管理するための様々な情報をクラウド上で一元的に管理するシステムである森林クラウドの普及が進んでおります。

情報共有が効率化される一方で、伐採をはじめとした森林の変化を把握するための体制の不足といった課題もあります。

地球観測衛星の活用

JAXAの陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)をはじめとする地球観測衛星は、宇宙から広範囲なエリアを継続的に観測出来ることから、人の立ち入りが困難な場所を含め広域での森林変化の継続的な把握が可能です。

森林クラウド上で伐採届などの行政情報と突合するなど、衛星データによる森林変化情報をもとにした伐採地情報の利用手順を確立することにより、無届け伐採を含む伐採地を効率的に把握することが出来、また伐採後の造林促進による土砂災害防止など、森林機能の維持への貢献が期待されます。

3者間の役割

JAXA

本協定に基づき、JAXAは、伐採地情報をはじめとした、衛星データによる森林変化情報の提供を行います。

茨城県

茨城県は、JAXAが提供した森林変化情報を元に、伐採地情報の活用など、森林管理業務の効率化および高度化のための衛星データ利用の有用性を検討。

FFPRI

FFPRIは、衛星データによる伐採地情報の利用手順の標準化など、衛星データを森林管理業務で利用するための研究を行う予定です。

まとめ

衛星データの活用を通じて、自治体の森林管理業務における課題解決になりそうです。

ご清聴ありがとうございました。チャンネル登録お願いします。

■Space Biz TV(YouTubeチャンネル)
https://www.youtube.com/c/SpaceBiz/featured

関連記事

SpaceBizとは

新たな宇宙文化を創り地球の宇宙時代到来を伝える。

ニュース&イベント

youtube

チャンネル登録はこちらから

Twitter

Facebook

新着記事