宇宙兄弟(漫画)の感想㉑~㉕巻【Space Biz キャスターの独り言】

Space Biz > Space Biz TV > 宇宙兄弟(漫画)の感想㉑~㉕巻【Space Biz キャスターの独り言】

Pocket

2021.1.19Space Biz TV

宇宙兄弟(漫画)の感想㉑~㉕巻【Space Biz キャスターの独り言】

宇宙兄弟(漫画)の感想です(※ネタバレあり)。Space Biz キャスターの朗読でお届けします。

目次

21巻
https://youtu.be/HHH0fLgIfos
22巻
https://youtu.be/lCIny2Hjfcg
23巻
https://youtu.be/1xMf-x-Evp8
24巻
https://youtu.be/7o2gkJrWRjA
25巻
https://youtu.be/jNFIhZmOSFQ

>> ①~⑤巻はこちら
>> ⑥~⑩巻はこちら
>> ⑪~⑮巻はこちら
>> ⑯~⑳巻はこちら

動画

 

宇宙兄弟 21巻

ムッタがミッションにアサインされるために
出された条件は。コストの1億ドル削減。
ほぼ無謀なその条件だが、
夢を叶えるため。シャロンの願いを叶えるためには
立ち向かうしかなく、頭をフル回転させる。
1億ドルとは、、先が長すぎる条件を出されたムッタだが、
彼の人間性に周りは全力で協力。
これまで20巻読み続けてきた中で、
自分もその人間性に惹かれつつある。
ムッタがいればその場の雰囲気が変わる。
第一印象は良くなくとも、
それを超えるくらいの人間性でこれまで数々のことに向き合ってきた。
全面バックアップしてくれる仲間と共にミッションを取り戻しにいく。
だがプレゼンをしても、ゲイツの心には響かない。
ここでまた、月に行けるということを逃すわけにはいかない、ムッタたちはどうするのだろうか。

 

宇宙兄弟 22巻

ムッタたちがISSの存続のために集めた書類の行方、、
月へのミッションへアサインされるのは
やはり難しいのか、、とハラハラする22巻でしたが
5812名分の署名を集め存続を訴えたムッタたちのきもちが。
そして、先輩後輩にあたるゲイツのことをウォルターと呼ぶ人物の登場が。
ゲイツの心に少しずつ揺れ動くものを作り出した。
失敗を恐れるばかりではなにも進まない。
ひとつミスをすれば、
今後大失敗する可能性があると見られがちだが
そのチャレンジがなければ何かが発展することもないんですよね。
どんな仕事でも一緒です。
そんなこんなで無事ムッタたちジョーカーズは
月へのミッションに行けることになり、
ISSの存続問題もゲイツが率先して動いてくれる。
何事も最初から完璧になんていかないけど
人の言葉が人を動かす。素敵ですね。

 

宇宙兄弟 23巻

泣けました。泣いちゃいましたね。
そしてたくさんのことが繋がるのが見えた。
宇宙飛行士選抜を受けた時のメンバーである
福田さんがムッタたちと繋がり。
そこに加えてやっさんも福田さんの会社で一緒に働くことになる。
そして、ムッタが3ヶ月キャプコムをやり遂げ
ビンスたちは地球へ帰還。
せりかたちはISSへ。
お父さんがきっかけでISSを目指すせりか。
お空からいつも見ているお父さんからのビデオレターには、
思いがたくさん詰まっているように感じ、
父の思いを母が受け取り、娘へ渡す。
家族っていいなと思える瞬間でした。
ムッタたちも打ち上げまで50日を切って
その日に向けて準備をしているがカルロが無断で来ない日が続く。
ジョーカーズのメンバー1人も欠けず
次へ行けるのか。不安な気持ちになります。
繋がりとは、人と人との縁で。
その縁の繋がりできっと未来が広がることは
たくさんあるのだと宇宙兄弟を読んでいても。
自分が生きていても。そう思う。

 

宇宙兄弟 24巻

いよいよ、月へ。その日まで50日を切り、
いまだにカルロが来ない日が続く。
きっとカルロは戻ってくる。とそう信じていたいメンバー達だが
ムッタも昔経験がある、バックアップクルーからメンバーが決定することになった。
いままで一緒に切磋琢磨してきた仲間であるカルロが離脱することになり、
モッシュが加わったのだがいままでみたいな安定した空気感はない。
ジョーカーズとして一つのチームとしてやってきたのか
少しずつ少しずつ壊れていくようなもどかしさを感じた。
確かに色々あったかもしれないし
最初はバラバラだったのかもしれないけど
ジョーカーズにはジョーカーズの良さがあったはずだ。
そして、そんな思いをかかえながら訓練する皆のもとへ、カルロが戻ってきた。
いつも通り本心なのか嘘なのか冗談を並べながら。
あと少しあと少しだけ早かったら一緒に月へ行けたのかな。
日本で再会出来た、シャロンの身体もどんどん弱っていく中で
ムッタたちが月へ行く日が1日1日近づいてくる。

 

宇宙兄弟 25巻

最後の最後、宇宙服お披露目会見の時
モッシュの代わりに現れたのは。。カルロ。怪我により離脱することになったモッシュ。
皆が待ち望んでいて、ジョーカーズとして一緒に宇宙に行くことを
諦めていた元メンバーのカルロがバックアップクルーとしてもう一度やってくる。
モッシュの怪我がよかったわけではないが、
メンバーとカルロがまた一緒に過ごせると思うと嬉しい気持ちもある。
そしてずっとずっとヒビトの背中を追っていたムッタが
ついに。家族や友人に見守られながらその日を迎える。
カウントダウンから、イグニッション(点火)の瞬間ってワクワクしますよね。
ムッタはヒビトとの約束を果たしずっと憧れていたところへと旅立った。
これからまた宇宙での話を聞けると思うと楽しみでならない!
ヒビトはどこかでムッタが飛び立つこと、見ているのかな。
欲張りだが、ヒビトとムッタが
2人揃って宇宙へと旅立つ瞬間が見たいと思ってしまった。

 

リンク

■Space Bizキャスター 田中 愛梨(オスカープロモーション)
Instagram:https://www.instagram.com/tanaka_airi_0913/
 
■Space Biz TV(YouTubeチャンネル)
https://www.youtube.com/c/SpaceBiz/featured

関連記事

SpaceBizとは

新たな宇宙文化を創り地球の宇宙時代到来を伝える。

ニュース&イベント

youtube

チャンネル登録はこちらから

Twitter

Facebook

新着記事