【宇宙ビジネス~ガンダムシリーズ①~】機動戦士ガンダムの感想※ややネタバレ

Space Biz > Space Biz TV > 【宇宙ビジネス~ガンダムシリーズ①~】機動戦士ガンダムの感想※ややネタバレ

Pocket

2020.7.19Space Biz TV

【宇宙ビジネス~ガンダムシリーズ①~】機動戦士ガンダムの感想※ややネタバレ

宇宙に関わるエンタメである、ガンダムをご紹介するコーナーです。
まだ見たことない方等が、ガンダムや宇宙に触れるきっかけになればと思います。
コアなファンの方は暖かく見守っていただけると幸いです。

機動戦士ガンダム → http://www.gundam.jp/tv/index.html

作品紹介

Space Biz編集長の太田です。皆さん、機動戦士ガンダムって知っておりますでしょうか。ガンプラで社会現象にもなった有名なアニメです。女性の方も、どこかで見たり聞いたりしたことがあると思います。男性を中心に根強い人気があるロボットアニメなのですが、宇宙アニメでもあるんですよね。今回、興味関心のおもむくまま勉強も兼ねて、1979年4月7日から1980年1月26日まで放送されていたTVアニメを第1話から第43話まで、すべて見てみました。当初の予定ですと、全52話完結の予定が視聴率が低迷し、全43話に短縮されてしまったんですね。実は私も小さい頃、再放送をTVで何度か見たことはあったのですが、すべて通しで見たのは初めてでした。

編集長の感想

感想は「本当に40年前のアニメなの。今でも、子供だけでなく、大人も十分楽しめます。」歌を除くと1話約20分なので、こま切れの時間を使って、毎日1話か2話見ても、良い気分転換になりますし、思い出もよみがえってきます。

あらすじ

あらすじを簡潔にお伝えすると、舞台は宇宙世紀0079年。人類の人口が増え過ぎたため、宇宙に移民するようになり、半世紀余りが経ちます。地球から最も遠い宇宙都市サイド3は、ジオン公国を名乗り、地球連邦政府に対して独立戦争を挑んできました。戦争は膠着状態に陥り、地球連邦政府劣勢の中、宇宙都市サイド7では新しいモビルスーツの製造計画が進められていました。ジオン軍の奇襲をきっかけに、少年アムロ・レイは偶然新型モビルスーツのガンダムに乗り込み、パイロットになります。そして、戦火を交える中で、様々な人間ドラマが展開していきます。

主人公のアムロ・レイとその宿敵シャア・アズナブル。最初はシャアが圧倒的に強いと思われましたが、物語が進むと互角となり、アムロがニュータイプとして覚醒するとシャアを上回る力を発揮します。生き別れの兄がシャアと分かり苦悩するセイラ・マス。シャアと恋人関係のニュータイプの少女ララァ・スン。戦艦ホワイトベースの仲間とアムロとのかけがえのない友情や共に成長していく姿も描かれています。シリーズ化するにあたり、やはり初代ガンダムの影響力が最も大きかったのでしょう。

まとめ

Space Biz編集長として、ガンダムシリーズの企画も考えていきたいと思います。乞うご期待ですかね。ちなみに私の好みは、セイラと言いたいところですが、神秘的なララァです。余計なお話ですみません。ガンダムの熱烈ファンに叱られそうですが、温かく見守っていただけますと幸いです。ぜひ、応援も宜しくお願いします。ご清聴ありがとうございました。チャンネル登録お願いします。

■Space Biz TV(YouTubeチャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UCN2w7IwpjTtKe4VK9VwbmFQ/featured

関連記事

SpaceBizとは

新たな宇宙文化を創り地球の宇宙時代到来を伝える。

ニュース&イベント

youtube

チャンネル登録はこちらから

Twitter

Facebook

新着記事