【宇宙ビジネス超入門~号外ニュース②~】大分空港が水平型人工衛星打ち上げのアジア初宇宙港になる!(YouTube)

Space Biz > Space Biz TV > 【宇宙ビジネス超入門~号外ニュース②~】大分空港が水平型人工衛星打ち上げのアジア初宇宙港になる!(YouTube)

Pocket

2020.4.14Space Biz TV

【宇宙ビジネス超入門~号外ニュース②~】大分空港が水平型人工衛星打ち上げのアジア初宇宙港になる!(YouTube)

Space Biz編集長の太田です。宇宙ビジネス超入門者向けに世界や日本で起こった宇宙ビジネスのトピックニュースを簡潔にお伝えします。

今回は、号外ニュースとして、「大分空港が水平型人工衛星打ち上げのアジア初宇宙港になる!」について述べたいと思います。
 
2020年4月上旬に大分県は、航空機からつり下げたロケットを空中発射して人工衛星打ち上げの事業を予定している、米国のヴァージン・オービット社とパートナーシップを結びました。有名な経営者リチャード・ブランソン氏が率いる企業ですね。最速で2022年の打ち上げを目指すようです。
 
種子島宇宙センターなどの垂直型ロケット発射と比較して、既存の空港を利用するため、コスト面では相当の優位性があるかと思います。ヴァージン・オービット社は、ANAホールディングスと既にパートナーシップを結んでいて、宇宙飛行士の山崎直子氏が代表理事である一般社団法人スペースポートジャパンとも連携しています。
 
今後は、日本だけでなく、アジアの中核になっていくことが予測されます。私としても、地方自治体と宇宙ベンチャー企業が連携して、新しい宇宙ビジネスのマーケットを創っていくのは大変嬉しいですね。
 
ただ、現在はロケットの切り離しテスト段階で、打ち上げの実績はありません。残念ですが、新型コロナウイルスの影響もあり、予定が延期になっているようです。最後に新型コロナウイルスに負けるなという言葉で締めたいと思います。
ご清聴ありがとうございました。チャンネル登録お願いします。

関連記事

SpaceBizとは

地球の進化のために、地球上にある宇宙ビジネスの有益な情報と知識を適時提供し、起業家の支援・育成を使命とします。

ニュース&イベント

Twitter

Facebook

新着記事