【宇宙ビジネス~2024年JAXAニュース④~】「JAXAら鉄道の故障予測AI技術を宇宙機へ活用する事業を開始!」

Space Biz > JAXAニュース > 【宇宙ビジネス~2024年JAXAニュース④~】「JAXAら鉄道の故障予測AI技術を宇宙機へ活用する事業を開始!」

Pocket

【宇宙ビジネス~2024年JAXAニュース④~】「JAXAら鉄道の故障予測AI技術を宇宙機へ活用する事業を開始!」

はい、皆さん、こんにちは。Space Biz編集長の太田です。いかがお過ごしでしょうか。今回は、宇宙ビジネス超入門者向けになりますが、「JAXAら鉄道の故障予測AI技術を宇宙機へ活用する事業を開始!」についてお伝えします。
5月23日に国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)と西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)は、JR西日本にて社内開発し業務使用している機械故障予測AI技術について、人工衛星などの宇宙機へ適用することを目指し、2022年10月より事業コンセプト共創活動を進めてきました。本取り組みを拡大するために、アジア最大の衛星通信事業者であるスカパーJSAT株式会社(以下、スカパーJSAT)を加えて三者での事業共同実証活動を開始し、実運用への適用に向けた活動を加速させるようです。JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(以下、J-SPARC)の枠組みのもと、JAXAとJR西日本で進めてきた事業コンセプト共創活動では、JAXAが持つ人工衛星からのテレメトリデータアセットおよび運用ノウハウと、JR西日本が持つ鉄道設備メンテナンスに関するデータ分析・AI開発技術およびその実装ノウハウを掛け合わせることで、人工衛星における故障と異常兆候の検知AIの開発を行ってきました。これまでの検討から、従来の運用管制では視覚的に確認する事が難しかった外部環境による影響や複数のテレメトリデータの相互関係を可視化させ、人工衛星運用の品質の向上・業務効率化に繋がる複数のAIモデルを構築しました。この共創活動に、国内外様々なメーカーの人工衛星累計30機以上の運用実績と知見を備えるスカパーJSATが参加することで、商用衛星運用における課題の明確化と衛星テレメトリ解析AIモデルの高度化が可能になります。また、実運用環境での利用に向けた実証を通じ、異常兆候検知AIを通じた衛星運用の品質の向上と業務効率化、これによるさらなる安定運用を目指すようです。将来的には、軌道上衛星の有効な利活用事業やリスクヘッジ事業の構想およびその事業性を検討しています。

関連記事

ニュース&イベント

  • ニュース

    宇宙ビジネス関連の最新ニュースを発信中!

  • イベント

    宇宙ビジネス関連の最新イベント情報を発信中!

youtube

チャンネル登録はこちらから

新着記事